社員メッセージ

私たちが責任を持って一流のマイスターへ育てます

工事部の責任者をしている辻野です。私たちは道路やトンネル、工場、駅などの建設・土木現場で仕事をしており、暑い・寒い、朝早い・夜遅いなど、決して楽な仕事ではありません。しかしながら、私たちの仕事は社会インフラを支えており、世の中に必要不可欠です。その中でも当社が独自で保有している技術は、世界中で1社のみで、製鉄業界において重要な役割を担っています。
大学生のみなさんにとって現場仕事は、「大卒まで出てやる仕事ではない」「背中を見て勝手に覚えろといった教育方針」など、不安に思うことが多いのではないでしょうか?先ほどもお伝えした通り、当社の技術は唯一無二であり、知恵や感性が求められる仕事です。またお客様である上場企業の担当者や様々な業者様と接する機会もありますから、コミュニケーション能力も必要です。つまり、スキルと人間力を活かした付加価値の高い仕事なのです。また、教育面に関しては、工事現場によくありがちな、放ったらかしにしたり、根性論で指導するようなことはしません。危険が伴う仕事ですから厳しい面はありますが、一から丁寧に指導しますし、困った時はフォローするアットホームな社風があります。知識・経験は必要ありませんから、安心して飛び込んで来て下さい。私たちが責任を持って一流のマイスターへ育てます。

自分のアイデアと個性で勝負

当社の仕事はみなさんにとって聞き慣れない、コンクリートの切断や解体を通じて都市創造をサポートする仕事です。コンクリート構造物には寿命がありますから、老朽化したものを補修して延命したり、新しい建物をつくるために解体する必要があります。
決して目立つ仕事ではないですが、駅や道路、橋などの社会インフラに貢献しています。
この仕事のやりがいは、自分の考えやアイデアで勝負できることです。
コンクリート構造物は、作り方は決められた規格や方法があるのですが、当社が手掛けている切断や解体技術には正解がありません。都市部で工事する場合は、騒音や粉塵、時間など様々なことを考慮しなければなりません。人と環境に配慮した企画立案が必要であり、作業機械の選定から手順や工法など、自分たちでベストなプランを考えて実行します。
これまでの経験や実績を参考にしながら、常に改善を目指して最良のアプローチを考えます。また、まったく同じ現場はありませんから、一件一件の案件に対して創意工夫が求められます。このように担当する人間によって、効率面や安全面、コスト面などが変わり、お客様の評価につながります。
自分のアイデアと個性で勝負したい方には、やりがいを感じることのできる仕事です。

この人たちと働きたい

私は文系出身ですが、日本コンクリートカッティングは文系でも技術者として採用するとの打ち出しが就職サイトにあり、さらに独自の技術を活かして「なくてはならない存在」として活躍していること、経営も安定していることを知って、会社説明会に参加しようと思いました。そして結果的に入社を決めた理由は社長や専務の人柄です。まだ就職するかもわからない学生の私に対して、2度の現場見学会を準備したり、現場で働く先輩社員に直接話を聞くことができるように機会をセッティングして下さったりと、仕事のことや会社のことを包み隠さず説明し、場を用意して私が納得出るようにと考えて下さった社長や専務の人柄に触れて、「この人たちと一緒に働きたい」と思ったことが最終的な決め手です。入社して感じることは、イメージしていた通りの風通しの良さと、それ以上に「個性」を大切にしてくれる会社だということ。私はこの業界に身を置くわりには体が小さく、パワーもありません。そのためなかなか思うように作業が出来ずに悩んでいたのですが、ある時、先輩が私の「出来ていない点」「改善出来る点」、さらに「出来ている点」「良い点」を教え、指摘して下さいました。
入社してからは失敗の連続でしたが、先輩方はそれを責めるよりも、それをきっかけに私が成長できるよう温かく見守って下さいました。だからこそ「やっぱりこの会社に入って良かった」と思えますし、「この会社だから頑張りたい」という気持ちになります。

海外からも声がかかる日本国内唯一の技術

入社の決め手は主に4つあります。
① 製鉄所にある溶鉱炉の鉄や耐火煉瓦に穴を開けるという日本でこの会社しか持っていない技術があること。
② ①の理由から競争相手が存在しないため、安定した経営が行えていること。つまり、国内の製鉄所は全て日本コンクリートカッティングのお得意様。
③ この技術は世界でも希少価値が高く、海外からも問い合わせがあり、将来的には世界を舞台に活躍できる可能性があること。
④ 社長との距離が近く、自分の意見や想いを届けることができ、自分のやりたいことができる自由な社風と環境の整った中小企業であったこと。
私は一つの職種にこだわらず、海外や経営、付加価値の高い技術、営業など、色んなことに挑戦してから、自分の方向性を決めたいと考えていました。しかし、多くの会社は限られた職種の募集しかありませんでした。当社は上記の通り、付加価値の高い技術、海外展開、やりたいことができるなど、自分の理想と合致した会社でした。

今後の目標は、この人になら仕事を任せたいと思われる人材になることです。そのためには10年は必要と言われている唯一無二の技術を習得することです。そして、海外でも活躍できるようビジネスレベルの語学の習得にも励んでいきたいと考えています。後輩となるみなさんの見本となれるよう、自己研鑽を忘れず、常に成長できる人物になりたいと考えています。